GIMPのネタ帳

HOME このサイトについて リンクについて リンク集 問い合わせ

GIMPのネタ帳(HOME) > GIMPの基本操作 > 範囲選択ツール PartU

範囲選択ツール PartU

範囲選択には、ツールボックス内の以下を使います。

それぞれ矩形選択、楕円選択、自由選択、ファジー選択、色域を選択、電脳はさみ選択、前景抽出選択、パス選択があります。

このページでは、色域を選択、電脳はさみ選択、前景抽出選択、パス選択を説明します。

矩形選択、選択範囲の変更・追加・削除は選択範囲の基本のページを参照してください。
楕円選択、自由選択、ファジー選択は選択範囲ツール PartTのページを参照してください。

色域を選択

画像ウィンドウ内のすべての近似色を自動的に選択できる機能です。
ツールボックス内の「色域を選択」をクリックします。

色を元に自動で範囲を選択できます。

ファジー選択との違いは、画像ウィンドウ内のすべての近似色を自動的に選択できる点です。

1回のクリックで画像内にある花の中心部をすべて選択してくれました。

電脳はさみ選択

はさみでくり抜くように範囲を選択できる機能です。
ツールボックス内の「電脳はさみ」をクリックします。

画像ウィンドウ内の選択対象の境界線をポイント、ポイントでクリックしていきます。
ポイントからポイントへの境界線は自動で判別してくれます。

 
選択範囲内をクリックするか、「Enter」キーを押せば選択範囲に変わります。

前景抽出選択

画像から前景を選択できる機能です。
ツールボックス内の「前景抽出選択」をクリックします。

まず、選択したい対象の周りを大まかにドラッグします。
そうすると、不要部分は青く塗つぶされます。

その後、対象物の選択範囲としたいところをなぞるようにドラッグします。

細かい部分は、画像をズームして塗りつぶしたり、塗つぶすブラシを小さくすると綺麗に選択できます。

ブラシを小さくするには、ツールオプションの「小さいブラシ」「大きいブラシ」を小さいブラシへスライドします。

「Enter」キーを押すと選択範囲に変わります。

パス選択

電脳はさみのようにポイント、ポイントをクリックして囲みます。
電脳はさみの場合、色を判断材料にGIMPが自動で境界線を引いてくれますが、パス選択の場合、マニュアル(自動で境界を引いてくれない)です。

ツールボックス内の「パス」をクリックします。

電脳はさみのようにポイント、ポイントをクリックやドラッグしていきます。

クリックだと直線、ドラッグだと曲線になります。

始点と終点を合わせるとき[ctrl]キーを押しながら結びます。

最後に「Enter」キーを押して選択範囲にします。

境界線を自動で引いてくれない(マニュアル)ので、最初は面倒臭いと思いますが、複雑な範囲選択や自動で綺麗に範囲を選択できない場合などは「パス選択」が役立ちます。

【PR】セールスページ、ランディングページ作成テンプレート+集客講座「Colorful(カラフル)」

SPONSORED LINK

はじめに

GIMPの基本操作

GIMPの追加拡張

GIMP実践(ロゴ・ボタン編)

GIMP実践(写真加工編)

GIMP実践(イラスト編)

GIMPの小技

カウンタ総合
T:カウンタ今日    Y:カウンタ昨日


Copyright © 2008-2015 GIMPのネタ帳 All Rights Reserved. アクセスランキング